大学生

大学生一日のスケジュールはどんな感じ?【月収6桁大学生の一日の流れ】

大学生一日のスケジュールはどんな感じ?【月収6桁大学生の一日の流れ】
悩む人
大学生の一日スケジュールってどんな感じなの?

こんな悩みを解消します。

 

当サイト『GaoLog』筆者は現在、文系の大学4年生

これから大学に入学する方は、実際にどんな流れで1日を過ごしているのか、中々想像が難しいですよね。

 

そこで今回は「大学生一日のスケジュール」を公開します。

 

 

当サイト『GaoLog』筆者

『GaoLog』筆者は、大学に真面目に通っていましたが、途中から登校を放棄。

結果、Twitter (@gaolifehack)で1.2万人のフォロワー数を突破し、ブログ収益は月収6桁超えに。

 

書籍出版の依頼や大手企業から取材依頼などを頂く学生クリエイターとして活動しています。

>>お問い合わせ



リアルな大学生の一日のスケジュール【流れはありません】

リアルな大学生の一日のスケジュール【流れはありません】

まずリアルな大学生の一日のスケジュールです。

  • 月:大学行かない
  • 火:大学行かない
  • 水:大学行かない
  • 木:大学行かない
  • 金:大学行かない
  • 土:大学行かない
  • 日:大学行かない

 

これは私の大学生としての1日の流れ。

ふざけているようで、実はふざけていません。本当に大学には行きません。

 

大学に1日も行かない理由

大学に行かない理由として、自分ですべきことがあるから

少しだけ言及しましたが、私はサイト運営やコンサルタントなど、自分で多くのビジネスを展開しています。

 

それ故に大学へ行く時間や、授業中が非常に無駄に感じてしまい、1日も大学へは行っていません。

 

なので、授業はテスト100%のものだけを選択し、テスト前に勉強し単位を回収する形

 

関連記事大学生がブログを始めるべき9つの理由【バイト以上に稼げて就活も無双】

 

大学の価値は4年間の時間と大卒の肩書き

私の場合ですが、大学の価値は4年間の時間と大卒の肩書きと捉えています。

もちろん、大学で学べることも多いと思いますが、私は学ぶために大学に入学していません。

 

なので、なるべく大学に時間を割かないように調整し、リソースの大半を作業に投下しています。

 

大学生一日のスケジュール

大学生一日のスケジュール

ここで終わると何の参考にもならないと思います。

なので、実際に真面目に行っていた入学当初の大学での1日スケジュールを紹介しますね。

  • 月:11時~17時,バイト4時間
  • 火:9時~15時,バイト4時間
  • 水:11時~17時
  • 木:全休,バイト4時間
  • 金:13時~17時,バイト4時間
  • 土:9時~11時
  • 日:全休

 

こんな感じ。

ちなみにコマ数は12個。大学にもよりますが、授業1個で90分~100分ほどが一般的です。

 

バイトは塾講師

ちなみに当初から個人でビジネスはしていません。

最初は大学生の定番である塾講師でバイトをしていました(時給が2,000円と高かった)。

 

基本的には週4なのですが、たまに土日に入ったり、他にも個人的にせどりをしていたので、月10~30万円ほどを稼いでいました。

 

塾講師はスピーチ能力が付いたりと、お金が稼げる上に良い経験になるので、大学生にはオススメ。

 

関連記事メルカリで最高月収30万円【メルカリ歴6年の収益推移を公開】

 

大学では全休を作るべき?

私は全休の日を2日作りました。

正直、大学が楽しければ作る必要もありませんが、平日に丸1日休みがあると良いこともあります。

 

ディズニーランドなど休日に混む場所が空いていたり、金曜や月曜に全休を作れば、週末と合わせて旅行にも行けます。

 

実際、私は大学に行かない期間で海外40ヶ国に渡航しました。

 

関連記事海外旅行のメリット・デメリット【大学生で100回渡航した私が解説】

 

大学生一日のスケジュールは実家暮らしかどうかで大きく変わる

また、大学生の一日は住む場所で大きく変わります。

実家暮らしの場合は朝早く家を出る必要がある一方、1人暮らしなら比較的ゆとりを持って家を出れますよね。

 

ちなみに私は実家暮らしですので、通学に往復で4時間ほどかかります。

 

このように実家暮らしか1人暮らしかで、通学時間に大きく差があるので、スケジュールも大きく変化します。

 

大学生一日の細かいスケジュールを流れで紹介

大学生一日の細かいスケジュール

ここまでは1週間ベースで一日のスケジュールを紹介しました。

なので、次に一日の細かいスケジュールを紹介しますね。

 

月曜日の流れを参考にします。

  • 08:00 起床
  • 09:00 通学
  • 11:00 授業開始
  • 13:00 昼食
  • 17:00 授業終了
  • 19:00 バイト開始
  • 24:00 帰宅

 

こんな感じ。

正直、このスケジュールだと自分の時間が確保できす、新しい挑戦が難しいですね。

 

毎日大学へ行っても何も変わらなかった

私は当初、上記のスケジュールで大学へ通っていました。

が、半期通っても何も変化がなく、もの凄い虚無感に包まれたのを覚えています。

 

もちろん、大学の活用が下手な自分に責任がありますが、「このままでは死んだ人間になる」と一念発起。

 

秋学期からは大学へ一切行かず、すべての時間を自分に投資し、現在に至ります。

 

大学生は時間の使い方が肝心

大学生は時間が豊富にあるので、100%テストの授業だけを取れば、極論ずっと休日のような生活も送ることが可能。

大学に目的がある人は真面目に勉強するのも良いですし、時間を作って自分に投資するのもあり。

 

その反面、だらけて生活していると、その4年間は後であなたに牙をむきます。なので、有意義に時間を使う必要があります。

 

「でも、何をすべきか分からない」という方向に記事を書いているので、ぜひご活用下さい。

>>文系大学生がやるべき活動&勉強7選【就職活動で無双できますよ】

 

大学生一日のスケジュールはどんな感じ?:まとめ

大学生一日のスケジュールはどんな感じ?:まとめ

大学生は自分で自由にスケジュール決めが可能。

勉強の時間を増やすことも、自分の時間を増やすこともあなた次第です。

 

ですが、その時間の使い方で、後々の人生に大きく影響を与えるので、後悔しないようにして下さいね。

 

↑トップへ戻る↑

 

人気記事大学生におすすめの本7選【大学生限定!本を超お得に買う方法あり】

人気記事大学生がお金を稼ぐ方法10選【月50万超えの稼ぎ方あり】※リスクなし

 

\Let’s Share!/

-大学生

Copyright© GaoLog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.