副業 大学生

大学生で貯金100万円達成|意味がないので今すぐ使うべきですよ

大学生で貯金100万円達成|意味がないので今すぐ使うべきですよ
悩む人
  • 大学生で貯金100万くらいしたいけど意味はある?
  • 大学生はどうやって貯金を増やせば良いの?


こんな悩みを解消します。

 

当サイト『GaoLog』筆者は、バイトを繰り返し大学1年生で貯金100万円を達成しました。

 

ですが結論、大学生での貯金に意味はないです。貯金はやめて今すぐ使うべき(私は貯金をやめて収入が倍増した)。

 

そこで今回は「大学生が貯金をすべきでない理由」を順を追って解説していきます。

本記事を参考にすると、大学生が貯金すべきでない理由が分かり、学生時から大きく稼げる可能性が上がります。

 

 

記事の信頼性

当サイト『GaoLog』筆者は、大学1年生で貯金100万円を達成。

その後、意味がない事を悟りひたすら自己投資をし、大学4年生時では新卒サラリーマンの倍以上稼ぐスキルを身に付けています。

 

例外

「大学生で貯金に意味はない」と書いていますが例外もあります。

例えば、完全に自立をしていて、学費や家賃を支払うために貯金をし続けるしかないという方もいるはず。

本記事では一般的な大学生に貯金は必要がないというベクトルで話を進めていくのでご了承下さい。





大学生で貯金100万円達成したけど意味はなかった

大学生で貯金100万円達成したけど意味はなかった

繰り返しですが、当サイト『GaoLog』筆者は大学1年生時で貯金100万円を達成

具体的には、下記のように貯金をしていきました。

  • 3月:10万円
  • 4月:12万円
  • 5月:17万円
  • 6月:15万円
  • 7月:16万円
  • 8月:22万円
  • 9月:20万円

 

このような流れで合計112万円の貯金を溜めました。

が、貯金するためにはバイトに入りっぱなしで、お金を使うこともほとんどしませんでした。

 

7ヵ月で112万円を貯金した方法

これは簡単で時給の高いバイトをしながら、色々なビジネスに手を出しました。

貯金が112万なので実際には200万近く稼いでいた感じ。週5で時給2,000円の塾講師バイトをしながら、自宅では他のネットビジネスを始めました。

 

ただ、本記事の主題は稼ぎ方ではないので、興味のある方は下記から続きをどうぞ。

>>大学生がお金を稼ぐ方法10選【月50万超えの稼ぎ方あり】※リスクなし

 

貯金をしたからと言って何も変わらなかった

当たり前ですが、貯金をするには働く必要があり、時間が取られます。

すると、お金は手元に残りますが、自分のしたいことや挑戦したいことに費やす時間が取れません

 

なので、ふと振り返った時に「あれ、これって何の意味があるんだろう」と思い、そこから貯金ではなく自分のやりたいことに時間を費やすようになりました。

 

大学生で貯金をやめたら収入が倍増した

大学生で貯金をやめたら収入が倍増した

貯金に意味がないと思った私は、すぐに貯金を崩しやりたいことを始めました。

具体的には下記3つ。

  1. 読書(月100冊読んだ)
  2. 海外旅行(40ヵ国に行った)
  3. ブログを開設(3つ立ち上げた)

 

先に結論を言うと、この3つをしたことで在宅で月50万円ほどを稼ぐスキルが身に付きました

その理由を流れで解説します。

 

読書(月100冊読んだ)

まず、貯金100万円を切り崩し、一切してこなかった読書に没頭。

最初の1ヵ月で100冊以上を読み漁りました。1日に3,4冊を読んでいたので、大学もバイトも丸々1ヵ月はサボりましたが。笑

 

その結果、思考の手数が圧倒的に増えたのと、読書するだけで行動しないと意味がないと思い、翌月からは実際に行動することに。

 

ちなみに100冊以上読んで後に大きく影響を与えた本は下記で紹介しています。

>>大学生におすすめの本7選【大学生限定!本を超お得に買う方法あり】

 

海外旅行(40ヵ国に行った)

そして、行動の一環として海外40ヶ国へ訪問。

実際には同じ国に10回行ったりしているので、渡航回数で言うと100回くらいですね。

 

これにより多様な文化に触れ考え方の幅が広がりましたし、英語も多少は話せるようになり、帰国後にはTOEIC900点を獲得しています。

 

英語は英会話スクールの無料体験を活用して、ある程度の耐性を付けておくのがオススメ。

>>【初心者向け&安い】オンライン英会話スクールおすすめランキング5社

 

ブログを開設(3つ立ち上げた)

海外旅行が落ち着くと、頭の中にとてつもない知識と情報が溢れていたので、一旦書き留める必要があるなと感じました。

そこでこう考えました。「メモ代わりにしつつ、ブログで知識を共有すれば良いか」と。

 

そして、1万円ほどの投資をしてブログを立ち上げ運営。結果、半年経過した頃には在宅で月30万円弱を稼げるようになっていました(他のビジネスと合わせ50万)。

 

ブログ経由で書籍出版の依頼や、大手企業さんからの取材依頼、就職活動でも実績から引く手数多になるなど、冗談抜きでブログで人生が変わっていますね。

>>WordPress(ワードプレス)ブログの始め方【初心者でも簡単画像付き】

 

関連記事大学生がブログを始めるべき9つの理由【バイト以上に稼げて就活も無双】

 

大学生で貯金をする意味がない4つの理由

大学生で貯金をする意味がない理由4つ

大学生で貯金をする意味がない理由は下記4つ。

  1. 貯金は利率がない
  2. 大学生は時間がお金
  3. お金は使うほど増える
  4. 大学生の貯金はたかが知れている

 

順に解説します。

 

貯金は利率がない

まず、貯金をしてもお金は増えません。

銀行に預けていてもお金は増えませんし、利率はほとんど0と言っても良いほど。

 

また、日本の通貨は比較的良いですが、お金の価値は変動します。なので、貯金しても金額は減りませんが、お金の価値が下がることもあるわけです。

 

大学生は時間がお金

大学生は時間に余裕のある時期です。

まとまった時間を取れるのは非常に貴重。それに時間はお金で買うことはできません。

 

60歳で貯金が1兆円ある方でも、20代の若い時間を取り戻すことは不可能。その点、大学生という若く時間のある期間はお金以上に価値があるわけです。

 

なので、後からでも稼げるお金に時間を割くより、時間があることを有効活用した方が良いですよね。

 

お金は使うほど増える

私は投資をやっているので、その観点から言うと、お金は使うほど増えます。

貯めるとそこでお金は死にますが、投資すれば大きくなって帰って来るものです。

 

これは投資をすべきという話ではなく、大学生の内に経験や挑戦に投資をすべきという話。

 

事実、私は経験や新たな挑戦に投資を繰り返し、社会人になる前に多くのスキルを手に入れ、収入も大きく上げることができました。

 

あの方も?

実は、ショールームで有名な前田裕二さんも、若い内は給料のすべてを使うようにしていたそう。

変に貯金をするよりも、経験に投資した方が利率が良いと理解していたためですね。

 

大学生の貯金はたかが知れている

大学生の収入は基本的にバイト。

ですが、正直言って時給制のバイトでは稼ぐと言ってもたかが知れています。

 

例えば、時給1,000円で毎日5時間働いても、月収はたったの155,000円。扶養を中途半端に超えれば、税金も増え逆に収入が減るケースもあります。

毎月、少しずつお金を貯めていきなさい。そうすれば、年末にはびっくりするでしょう。あまりの少なさに

- アーネスト・ハスキンズ

 

上記の通りです。

なので、たかが知れている貯金を続けるよりも、経験に投資をした方が利率は確実に良いでしょう。

 

大学生で貯金100万円達成:まとめ

まとめ

【大学生で貯金をする意味がない理由】

  1. 貯金は利率がない
  2. 大学生は時間がお金
  3. お金は使うほど増える
  4. 大学生の貯金はたかが知れている

 

不安から将来のために貯金をしたい人もいますよね。

ですが、明日死ぬかもしれませんし、大学生の貯金などたかが知れています。

 

それよりも今を大切にし、自分に投資をする方が将来何倍にもなって返ってくるので、お金はぜひ使いましょう。

 

↑トップへ戻る↑

 

人気記事文系大学生がやるべき活動&勉強7選【就職活動で無双できますよ】

 

\Let’s Share!/

-副業, 大学生

Copyright© GaoLog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.