英会話の悩み

【通信環境】オンライン英会話で電波が悪い原因は?改善策と伝え方を解説

【通信環境】オンライン英会話で電波が悪い原因は?改善策と伝え方を解説
悩む人
オンライン英会話で電波が悪い時があるんだけど、何が原因で接続が悪いの?改善方法もあれば知りたい

こんなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 電波が悪い原因
  • 電波が悪い際の改善策
  • 電波が悪いと英語で何て言う?

当サイト『GaoLog』運営者について

 

オンライン英会話をしてると、電波が悪くてレッスンを受けにくいことがありますよね...

実際、僕は20社以上で英会話レッスンを受講していますが、何度も通信環境で悩んでいます。

 

そこで今回は「オンライン英会話で電波が悪い原因と改善策」を徹底解説していきます。

 

記事後半では電波が悪い時に使えるフレーズも紹介してるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

【通信環境】オンライン英会話で電波が悪い原因は?

【通信環境】オンライン英会話で電波が悪い原因は?

オンライン英会話で電波が悪い原因としては、主に以下のようなことが考えられます。

  1. 講師側の電波が悪い
  2. 受講場所の電波が悪い
  3. 使用している機材の故障

 

順番に解説しますね。

 

①講師側の電波が悪い

まず講師側の電波が悪いケース。

特に自宅からレッスンを行う英会話の場合に起こりやすいです。こちら側はどうしようもないですね。

 

特にアフリカ大陸全般やフィリピンなどは通信環境が不安定になることがしばしば。講師の場所によって変化します。

 

②受講場所の電波が悪い

次は生徒側の電波が悪いケース。

自宅でWIFIの接続が悪かったり、外出先のWIFIが弱かったり。また、接続台数が多すぎて電波が弱かったり

 

お金をかけても良いのであれば、【ギガWi-Fi】などのポケットWIFIがあると、自宅でも出先でも安心してレッスンを受講できます。

 

③使用している機材の故障

最後は機材が故障しているケース。

要するに、オンライン英会話のレッスンに使用しているPCやタブレットなどが故障しているケースです。

 

この場合は買い替えるしかありません。英会話以外でも支障が出る可能性があるので、新調するのが良いでしょう。

 

【通信環境】オンライン英会話で電波が悪い際の改善策

【通信環境】オンライン英会話で電波が悪い際の改善策

次に、オンライン英会話で電波が悪い際の改善策

  1. 通信環境を整える
  2. カメラオフで受講する
  3. 振替チケットの申請をする

 

順番に解説しますね。

 

①通信環境を整える

1つ目は通信環境を整えること。

先ほど紹介したようにポケットWIFIなどで対処したり。他にも、電波の良いカフェなどを探すのでも良いでしょう。

 

僕は「無線LAN ルーター」を導入したことで通信環境が良くなりました。動画もサクサク見れるようになったので良い買い物でしたね。

 

②カメラオフで受講する

また、カメラオフでの受講も効果的。

映像ありだと重いですが、音声だけなら軽いので。講師にカメラオフにする旨を伝えればOKです。

 

フレーズ含め、詳細は以下よりどうぞ。

>>オンライン英会話はカメラ(顔出し)なしでもOK【オフで受けるメリット・デメリット】

 

③振替チケットの申請をする

振替チケットの申請をするのも1つの手。

通信環境がどうしても改善できなかったり、講師側の通信環境が悪い場合に使える奥の手ですね。

 

運営に「電波が悪くレッスンを受講できなかった」と伝えれば、多くの場合は振替チケットを発行してもらえますよ。

 

【通信環境】オンライン英会話で電波が悪い際の伝え方

【通信環境】オンライン英会話で電波が悪い際の伝え方

ここまででオンライン英会話で電波が悪い原因と改善策を解説してきました。

が、実際にレッスン中に電波が悪い時は、講師になんと伝えれば良いか迷いますよね。

 

なので、接続が悪い時に使える英語フレーズを一覧で見てきましょう。

We have a bad connection.
(接続が悪いみたいです。)
Can you hear me?
(聞こえますか?)
Let me refresh the page.
(ページを再読み込みしてみます。)
I’ll hang up and try calling you back again.
(1回切ってかけなおしますね。)

 

などなど。

紙やスマホでも良いのでメモを控えて、レッスン中にカンニングするのがおすすめです。

 

通信環境に関する英単語を覚えよう

ちょっと脇道に逸れます。

せっかくの機会ですので、通信環境に関する英単語をインプットしましょう。

  • Hello:もしもし
  • reception:受信
  • connection:接続
  • hang up~:~を切る
  • Cell phone:携帯電話
  • text:メッセージを送る

 

最低限、上記のようなフレーズを抑えておきたいところ。参考までにどうぞ。

 

通信環境の安定した英会話に乗り換えるのもあり

通信環境は英会話スクールにも依存します。

自宅からレッスンをするスクールは接続が悪くなりがちですが、オフィスからレッスンするスクールは接続が良いです。

 

例えば、「レアジョブ英会話」はオフィス出社なので、電波は良いことが多いですね。講師の質も高く優秀なスクールです。

 

通信環境が悪いと英会話レッスンどころではないので、悩むくらいなら乗り換えてしまうのもありですよ。

 

関連記事【ひどい?】レアジョブ英会話のメリットとデメリット【100時間受けて分かった欠点】

 

【通信環境】オンライン英会話で電波が悪い原因は?:まとめ

電波が悪い原因

  • 講師側の電波が悪い
  • 受講場所の電波が悪い
  • 使用している機材の故障

電波が悪い際の改善策

  • 通信環境を整える
  • カメラオフで受講する
  • 振替チケットの申請をする

 

オンライン英会話で電波が悪いのには原因があります。そして、改善策もあります。

講師側ので接続が悪い場合でもスクールを変えれば、通信環境は改善することが可能です。

 

自分で動かないと状況は良くなりませんので、ぜひ本記事を参考に行動してみて下さい。

 

人気記事【辛口比較】オンライン英会話3社を料金から質まで英語講師が徹底比較

 

-英会話の悩み

Copyright© GaoLog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.